Entry: main  << >>
グループ展



「くらかけ山の雪」 宮沢賢治

たよりになるのは

くらかけつづきの雪ばかり

野はらもはやしも

ぽしやぽしやしたり黝(くす)んだりして

すこしもあてにならないので

まことにあんな酵母(こうぼ)のふうの

朧(おぼ)ろなふぶきではありますが

ほのかなのぞみを送るのは

くらかけ山の雪ばかりです




‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

弱そうな静かな美しい詩


解釈まで分かりませんが汗
見つけたら欲しくなるような本を作ってみたいと
ビジュアル重視。のはず。

だけれど構成を固めたマルプデザインの星野さんは何度も読んで考えて考えて
詩も心に染込んでいるのではないかと想像しています。
そんな真剣な思いが詩集から伝わってくるような気がするのです。

今は私の手元にひっそりと在るのでなんとなく愛しく。たまに広げてななめ読みしています。


なぜ詩集に決めたかというと!
好きだからですが
その時何をつくるかあまり色々考える気になれなかったという理由も大きい。。いかんいかん。



<くらかけ山の雪 挿絵>

清澄白河MOT付近。



<蠕蟲舞手(アンネリダテンツエーリン) 挿絵(書き文字)>




<春と修羅 題字(書き文字)>




沢山の方にお越しいただいてびっくりしました
OPAギャラリーさんの存在や、
マルプデザインさんの今まで築いてきたものなのだろうなと
勝手ながら思いました
そしてはじめてのグループ展、
沢山のおもしろいイラストレーターさんに囲まれてとても楽しく過ごし、よい思い出となりました
もっと沢山ギャラリーに居れたら良かった

ご来場ありがとうございました!
展示 | 16:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback

CALENDAR

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Tweet

Flickr

www.flickr.com
atsuko ookubo's items Go to atsuko ookubo's photostream

Profile

Entry

Comment

Category

Link

Archives